05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム

フリーエリア

ゴルフ場予約はこちらから



最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

LOVE2

Author:LOVE2
いらっしゃいませ。最近特に注意力散漫(ぼけ?)なLove2です。お客様を愛し、お客様に愛され?らぶらぶです。
このブログは旬亭の料理を紹介しています。

固定の料理がないので、参考いただけるように、一部を紹介しています。

記事については誤字、脱字、思い込み、勘違い、など多々あるかと思います。
そんな時は、あたたか~くご指摘,ご指導いただければ幸いです。
実は、うたれ弱いLOVE2です。

また好意的なコメントなどいただきますと天にも昇る思いでございます。

どうぞ宜しくお願い致します。

※夫婦2人で営んでいますので、予約をお願いいたします。
ご予約のない場合は席が空いていてもお断りすることもありますがご了承くださいませ。m(..)m

旬亭ブログ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
5842位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
1748位
アクセスランキングを見る>>

最新トラックバック

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

KAGEKIYO 月と「景清」

2013.09.17 17:08|むすめ歌舞伎
2013年10月11日(金)

会場:名古屋能楽堂  ご観覧料/5,000円:全席自由

監修:藤田六郎六郎兵衛

出演:笛/藤田六郎兵衛・・・・ふじたろくろびょうえ
   新演出[月] 市川桜香・・いちかわおうか
   新演出景清 梅田邦久・・うめだくにひさ


チケットのお申し込み NPOむすめかぶき 090-5639-3900


むすめかぶき1



同時開催写真展「日本を装い、日本と遊ぶ」
日時 2013年10月11日(金)16時~17時
会場 名古屋能楽堂 
写真 澤尾康博
入場料 500円 本公演をご覧の方は観覧チケットでご覧いただけます

むすめかぶき2


お楽しみ会 歌舞伎十八番の内「鳴神」作品紹介

平成25年9月22日(日)午後1時半~午後2時半
所:中部邦楽教室内 舞台半寿(中区千代田3-10-3 鶴舞駅より徒歩5分)
 

10月に日本特殊陶業市民会館にて顔見世歌舞伎が開催されます。

その中で昼の部に上演される演目、
歌舞伎十八番のうち「鳴神」の作品紹介と見どころを楽しく紹介します。

主催NPOむすめかぶき

この「鳴神」は私達むすめかぶきも上演したことのある演目です。
今回、お話をされる市川櫻香の”雲の絶間姫”のこと、なかなか聞くことのできない演者目線での貴重なお話を聞くことができます。
お楽しみ会なので、ぜひお気楽にご参加お待ち致しております。

むすめかぶき3


9月22日と迫ってしまいましたお楽しみ会
まずは申し込みを 参加費500円   ℡090-5639-3900

むすめ歌舞伎 名古屋能楽堂

2011.09.12 03:02|むすめ歌舞伎
名古屋むすめ歌舞伎 宜しく

11月3日
musume.jpg

musume1.jpg

musume1-1.jpg

musume2_20110912025442.jpg

伝統芸能文化講座

2010.03.04 16:04|むすめ歌舞伎
名古屋っ子芸能は時を超え

(1) 総合講演  南山大学教授 安田文吉

(2) 能・狂言講座

(3) 常磐津・歌舞伎講座     2時ごろです

(4) 日本舞踏講座

(5) 都々逸・甚句講座

伝統芸能文化講座

終演予定 17:00
お問い合わせ
名古屋っ子芸能は時を超え実行委員会 
後援=名古屋市(申請中)・名古屋市教育委員会



五月花形歌舞伎

御園座ホームページ

kabuki


チケットは旬亭まで

妹背山婦庭訓(いもせやまおんなていきん)

2009.01.23 11:01|むすめ歌舞伎
名古屋 むすめ歌舞伎 公演のご案内


ごあいさつ

この度、12代目市川団十郎師のご長女
市川ぼたんさんの
特別参加を得ましての公演となりました。
伝統の歌舞伎を大切に
美しい草花がそっと香り立つような
舞台を心がけたいと存じます。
皆さまのご来場をこころより
お待ち申し上げております。


演目
近松半二作
 妹背山婦山庭訓 二幕
   道行恋苧環(みちゆきこいのおだまき)
   三笠山御殿(みかさやまごてん)

むすめ歌舞伎

 平成21年 3月21日(土)
  昼の部 12時開演
  夜の部  5時開演

 名古屋市芸術創造センター
  名古屋市東区葵1-3-27
  ℡ 052-931-1811
  
  市営地下鉄東山線「新栄町駅」下車 1番出口・北へ徒歩3分

  ご観覧料
  特別席/7,000円   1等席/6,000円    2等席/4,500円   3等席/3,000円

  ★チケットのお取り扱い

  チケット専用・・・・・・・・・・・・・090-6094-1001

  名古屋芸術創造センター・・・052-931-1811

  チケットぴあ・・・・・・・・・・・・・0570-02-9999

  お問い合わせ
  NPOむすめ歌舞伎事務局
  TEL052-323-4499
  ホームページ http://www.musumekabuki.com/
  後援/

むすめ歌舞伎1


あらすじ
妹背山女庭訓

「道行恋苧環(みちゆきこいのおだまき)」  凛々しい若者、求女(もとめ)をめぐり
 杉酒屋のお三輪と橘姫は苧環の糸に導かれていきます。

 実はこの橘姫と求女は敵対する家の娘と息子。

 天下を狙う悪人、蘇我入鹿(いるか)の妹と
 帝の忠臣藤原淡海でありました。

「三笠山御殿」
  これから求女と橘姫の結婚式があると聞き
 嫉妬の炎を燃やすお三輪の顔に浮かぶ疑着の相。

 それを見た漁師の鱶七(ふかしち)、実は淡海方の勇者
 金輪五郎の顔色が変わります。

 入鹿を滅ぼすために必要だった疑着の相の女の
 生き血が揃ったのです。

 幻想と怪奇の世界をご期待ください。

むすめ歌舞伎一同

むすめ歌舞伎「鎌倉三代記」「京鹿子娘道成寺」

2008.01.11 00:17|むすめ歌舞伎
会期/平成二十年一月二十七日(日)午後5時開演
会場/御園座 地下鉄「伏見駅」6番出口
    電話052-222-8222
    お席はインターネットで調べるといいよ。

musumekabuki1

口上
さてさてお立会いくださいませ。
時は平成二十年一月二十七日(日)
名古屋御園座にて「創立二十五周年 名古屋むすめ歌舞伎公演」のはじまり はじまり
まずは鎌倉三代記をお楽しみくださいませ。
鎌倉時代、源頼朝亡き後、鎌倉方と京都方に別れ源氏の間に戦いが起こります。
京都方の軍師、佐々木高綱は影武者を使うなど巧みに北条時政を欺(あざむき)きます
そして歌舞伎版ロミオとジュリエット、敵対する家同士の息子、三浦之助が、夫婦となるため時姫に求めた過酷な条件とは何か?
捕らえられた高綱は本物か偽者か?
謎が謎をよぶミステリーはご覧になってのお楽しみ。

キリ狂言は、娘道成寺。
明治期、九代目市川団十郎師がお能から歌舞伎へ移し上演した、現代に残る名作舞踏。
恋の執念から蛇となり、恋しい僧・安珍を焼き殺した清姫の想いを、趣向をこらしてご覧にいれます。
娘歌舞伎の「十八番」となり得るかこうご期待。
初春名古屋むすめ歌舞伎、万々歳。
皆々様のご来場、ひとえにお願い申し上げ奉ります。
東西 東西 チョンチョンチョン<
平成二十年初春
名古屋むすめ歌舞伎一同
musumekabuki2

チケットのお申し込みは
NPOむすめ歌舞伎事務局 080-5157-1976
チケットぴあ 0570-02-9999

musumekabuki3

(9月20日) 市川櫻香の会  

2007.09.20 01:02|むすめ歌舞伎
名古屋市民芸術祭2007参加
市川桜香の会1



市川桜香の会2


オウカ1






◆お問い合わせ・チケットのお取り扱い
FAXでの受付・・・052-323-4575
メールでの受付・・・m-kabuki@sf/starcat.ne.jp
名古屋能楽堂・・・・052-231-0088
チケットぴあ・・・・0570-02-9999
櫻香の会・・・・・・090-5639-3900

開催:平成19年11月29日(木)
開演:昼の部 午前11時半
   夜の部 午後6時
場所:名古屋能楽堂
   名古屋市中区三の丸1-1-1
   電話 052-231-0088
   地下鉄名城線「市役所」駅下車、7番出口徒歩約10分

20070920144147.gif






           演目ご案内

まずは、「隅田川」を成田屋一門の市川新蔵さんの舟人を得まして、都にて人買いにさらわれた我が子をたずね歩き、ついには東(あずま)にたどりついた母を市川櫻香が勤めます。
能から移されたこの演目は海外でも高い評価を得ております。
多くの皆様とご一緒にこの母と子に思いをよせ、悲しみを共有する空間にひたることは、お芝居の一つの使命であろうかと存じます。
演奏も「清元」の中でも名曲とされており美しい旋律も能舞台空間で一層の哀調をお聞かせするところでございます。
浄瑠璃 清元志佐雄太夫。

つもるこいゆきのせきのと「積恋雪関扉」は万葉集から流れを受け古今和歌集の六歌仙のうちの小野小町と大伴黒主が登場します。まさに歌舞伎ファンタジーの最高峰と言われる演目です。

逢坂山の関の関守関兵衛は実は天下を狙う大伴黒主を当代市川団十郎。
櫻香演じる墨染櫻の精は、幻想世界から遊女のかたちを持ってあらわれます。

「二子乗舟」と書かれた片袖は夫のかたみ、クライマックスは「我は非情の櫻木も人界の性を受くれば七つの情も備わって・」と本性をあらわし夫のかたきである黒主のその野望を打ち砕かんと戦います。

人界の数多の執着心により人間の姿を持った櫻の精は、能楽堂のその場の力を得てより一層生きている私たちに現世の執着のあわれさその壮絶なゆえの美しさを、黒主は人界にうずまく「悪心」が形に表れた象徴。

「幽玄と荒事」が織りなす歌舞伎のエネルギッシュさを凝縮した演目です。
浄瑠璃は常磐津一巴太夫(人間国宝)

この度の二演目、能舞台での上演のため再構築を致しましてお目にかけます。

尚、「関の扉」は11月27日(火)今池ガスホールにて常磐津綱男勉強会で常磐津一巴太夫の浄瑠璃にて素語り(演奏のみ)を上演しております。
併せてお聞き頂きますとより本演目をお楽しみ頂ける事と存じます。

           皆様のお運びをお待ち致しております。

               櫻香の会 実行委員会

(9月20日) 市川櫻香の会  

2007.09.20 01:02|むすめ歌舞伎
名古屋市民芸術祭2007参加
市川桜香の会1



市川桜香の会2


オウカ1






◆お問い合わせ・チケットのお取り扱い
FAXでの受付・・・052-323-4575
メールでの受付・・・m-kabuki@sf/starcat.ne.jp
名古屋能楽堂・・・・052-231-0088
チケットぴあ・・・・0570-02-9999
櫻香の会・・・・・・090-5639-3900

開催:平成19年11月29日(木)
開演:昼の部 午前11時半
   夜の部 午後6時
場所:名古屋能楽堂
   名古屋市中区三の丸1-1-1
   電話 052-231-0088
   地下鉄名城線「市役所」駅下車、7番出口徒歩約10分

20070920144147.gif






           演目ご案内

まずは、「隅田川」を成田屋一門の市川新蔵さんの舟人を得まして、都にて人買いにさらわれた我が子をたずね歩き、ついには東(あずま)にたどりついた母を市川櫻香が勤めます。
能から移されたこの演目は海外でも高い評価を得ております。
多くの皆様とご一緒にこの母と子に思いをよせ、悲しみを共有する空間にひたることは、お芝居の一つの使命であろうかと存じます。
演奏も「清元」の中でも名曲とされており美しい旋律も能舞台空間で一層の哀調をお聞かせするところでございます。
浄瑠璃 清元志佐雄太夫。

つもるこいゆきのせきのと「積恋雪関扉」は万葉集から流れを受け古今和歌集の六歌仙のうちの小野小町と大伴黒主が登場します。まさに歌舞伎ファンタジーの最高峰と言われる演目です。

逢坂山の関の関守関兵衛は実は天下を狙う大伴黒主を当代市川団十郎。
櫻香演じる墨染櫻の精は、幻想世界から遊女のかたちを持ってあらわれます。

「二子乗舟」と書かれた片袖は夫のかたみ、クライマックスは「我は非情の櫻木も人界の性を受くれば七つの情も備わって・」と本性をあらわし夫のかたきである黒主のその野望を打ち砕かんと戦います。

人界の数多の執着心により人間の姿を持った櫻の精は、能楽堂のその場の力を得てより一層生きている私たちに現世の執着のあわれさその壮絶なゆえの美しさを、黒主は人界にうずまく「悪心」が形に表れた象徴。

「幽玄と荒事」が織りなす歌舞伎のエネルギッシュさを凝縮した演目です。
浄瑠璃は常磐津一巴太夫(人間国宝)

この度の二演目、能舞台での上演のため再構築を致しましてお目にかけます。

尚、「関の扉」は11月27日(火)今池ガスホールにて常磐津綱男勉強会で常磐津一巴太夫の浄瑠璃にて素語り(演奏のみ)を上演しております。
併せてお聞き頂きますとより本演目をお楽しみ頂ける事と存じます。

           皆様のお運びをお待ち致しております。

               櫻香の会 実行委員会

伝統文化こども教室 アイラブカブキ 7期生 開講

2007.07.16 14:17|むすめ歌舞伎
こどもたちに日本の伝統文化をふれさせる機会です

musumekabuki


「伝統文化こども教室事業は、文化庁から委嘱を受けた(財)伝統文化活性化国民協会の事業です」

musumekabuki


募集人員
小、中、高生の部
毎月1~2回 土曜日 10:00~12:00

講座内容
1 歌舞伎所作   10回
2 浄瑠璃・三味線 10回
3 作法・着付け  10回

お問い合わせ
<NPOむすめかぶき事務局>
TEL 052-323-4499
FAX 052-323-4575

伝統文化こども教室 アイラブカブキ 7期生 開講

2007.07.16 14:17|むすめ歌舞伎
こどもたちに日本の伝統文化をふれさせる機会です

musumekabuki


「伝統文化こども教室事業は、文化庁から委嘱を受けた(財)伝統文化活性化国民協会の事業です」

musumekabuki


募集人員
小、中、高生の部
毎月1~2回 土曜日 10:00~12:00

講座内容
1 歌舞伎所作   10回
2 浄瑠璃・三味線 10回
3 作法・着付け  10回

お問い合わせ
<NPOむすめかぶき事務局>
TEL 052-323-4499
FAX 052-323-4575

むすめ歌舞伎お知らせ

2007.07.16 14:04|むすめ歌舞伎
第1回 (とん)の会 下記画像をクリッかクすると大きい画面がでまう。
musumekabukui

「噸」の語源”厳しく鍛える”に集まりまして発会といたしました。

平成19年8月12日(日)
午後2時半開場/午後3時半開演

名古屋能楽堂

お申し込み先 各出演者
TEL 090-5639-3900
FAX 052-323-4575
Eメール m-kabuki@st.starcat.ne.jp